カテゴリーBlog

Category

【生活雑記ブログ】#生活 #インターネット#エンタメ #ゲーム #アニメ #音楽 #趣味

YouTubeを収益化する条件&広告収入の他に収益化できるサービスの解説(スーパーチャット、チャンネル メンバーシップ、マーチャンダイズ、プレミア公開)

Point

YouTuber(ユーチューバー)は、子どものなりたい職業ランキングで上位にランクインするなど、時代を象徴する人気の職業です。そこで気になるのは、なぜ動画を配信してお金が得られるのかという、その仕組みです。YouTuberとは、どのような仕組みで収益が発生して稼ぐことができるのか、その秘密に迫ってみようと思います。

YouTubeとは?

YouTube(ユーチューブ)」というのは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンブルーノに本社がある世界最大の動画共有サービスです。

2005年2月にYouTubeが開設され、2006年10月にはGoogle によるYouTubeのM&A(企業買収)が行われてGoogleの傘下に入りました。

このYouTubeで動画を配信している人を「YouTuber(ユーチューバー)」といいます。

YouTubeを収益化する条件

YouTubeで動画を配信して、どのような仕組みで報酬が発生するのかというと、それはズバリ広告収入によるものです。広告収入の他にも収益化するサービスとして「スーパートャット」「チャンネルメンバーシップ」というものも用意されているので、詳しくは後述します。

2018年2月20日から、YouTubeパートナー・プログラムの参加基準が新しくなりました。旧基準と新基準は以下の通りです。

  • 【旧基準】総再生回数:1万回以上
  • 【新基準】総再生時間:年間4000時間以上
         チャンネル登録者数:1000人以上

新しい基準では、チャンネル登録者1000人以上、且つ過去12ヶ月以内の動画の総再生時間が4000時間以上のクリエイターのみが収益化することができるということです。この改定により収益化の基準が厳しくなりました。

Point
  • 1年間=4000時間(240000分)
  • 1ヶ月=約333.3時間(20000分)
  • 1日 =約11.11時間(約667分)

収益化するためのサービスには、以下の種類があります。どのようなサービス内容なのか、一つ一つ詳しく解説していきたいと思います。

  • 広告収入
  • スーパーチャット(Super Chat)
  • チャンネル メンバーシップ(Channel Memberships)
  • マーチャンダイズ(Merchandise)
  • プレミア公開(Introducing Premieres)

広告収入

動画が再生される前に広告が数秒流れたり、動画の下部に表示されたり、サイドバーに広告が表示されたりといったタイプの広告があります。

また、10分以上の長い動画をアップロードすると、冒頭だけでなく動画の途中(ミッドロール)にも広告を表示できます。故に10分以下の動画と10分超の動画では、何倍も収益が変わってきます。

広告単価は動画によって違いがありますが、1再生=約0.1円~約0.45円といわれています。

1再生あたり0.1円であれば単純計算すると、1000回再生されれば100円、10万回再生されれば10,000円です。

そして、この報酬額は常に一定というわけではなく、時期や季節によって単価が変動すると言われています。具体的には3、6、9、12月は高い傾向にあると言われていて、場合によっては1再生=約1円の広告単価となることもあるようです。

広告単価に影響すると考えられること
  • 動画の時間
  • ユーザーの視聴時間
  • 動画ジャンル

スーパーチャット

スーパーチャット(Super Chat)」は、視聴者がスーパーチャットを購入してチャットメッセージを目立たせたり、文字数増量オプション、場合によってはチャット フィード上部に固定することもできます。

主に生配信の時に使われて、視聴者がコメントにお金を乗せて投稿できる機能で、俗に「投げ銭」といわれています。

これにより、クリエイターは視聴者とのコミュニケーションを通じて収入を得られるということです。

スーパーステッカー

スーパーステッカー(Super Sticker)」では、コメント欄に文字だけではなくスタンプも送信することが可能になります。

チャンネルメンバーシップ

チャンネルメンバーシップ(Channel Memberships)」は、視聴者が月額会費4.99ドル(約540円)を支払うことによってチャンネルのメンバーとなり、会員バッジ、絵文字、その他のアイテムなどのメンバー限定の特典を受けられる制度です。また、クリエイターが独自特典を用意することも可能です。

これまで月額料金は4.99ドル一択でしたが、クリエイターが複数の会員レベルを設定できるようになります。これにより最大5つまでの価格の異なる会員レベルを設定できます。

YouTubeのヘルプによると、チャンネルメンバーシップはチャンネル登録者数が3万人を超えている、ゲームチャンネルの場合はチャンネル登録者数が1,000人を超えていることが利用条件であると記載されていました。

また、収益の分配率に関しては、地方自治体の売上税が控除された後のメンバーシップ収益の70%をクリエイターが受け取り、30%がYouTubeの取り分となるとのことです。

※ チャンネルメンバーシップは以前は「スポンサーシップ(sponsorships)」という名称でした。

マーチャンダイズ

マーチャンダイズ(Merchandise)」は、クリエイターが独自グッズを制作して販売できるサービスです。当初は、クラウドファンディングから始まったオリジナルTシャツのメーカーであるTeespringとYouTubeが提携し、その後、CrowdmadeやDFTBA、Fanjoy、Represent、Rooster Teethなどが加わりました。

これによりクリエイターは、ロゴ付きTシャツや帽子、スマートフォンケースなど20以上のオリジナル商品を作成し、チャンネル内で販売することができます。

マーチャンダイズは当初、チャンネル登録者数1万人以上のアメリカ在住クリエイターが利用できるとのことですが、米国以外の国にも、徐々に展開していく予定とのことです。

プレミア公開

プレミア公開(Introducing Premieres)」は、フォロワーやSNSユーザーに、これからアップロードする動画の公開日時などを予め告知することで事前集客することができる機能です。

クリエイターがアップロード前の動画についてプレミア公開機能を使用して設定すると、自動的に動画のランディングページが生成されます。そして、そのページへのリンクをInstgramやTwitterといったSNSなどと連動させることで、動画公開前から集客活動ができるという仕組みです。

公開前の動画の予告とそのカウントダウン、視聴者が参加できるライブチャットなどが提供されます。

物置に住みついた猫

Point

物置の中を整理しようと思い、処分するものをまとめていました。後ろから物音がしたので振り返ってみると、もう一つある小さい物置から猫が出てきてトコトコ歩いていくのが見えました。

思い立ったが吉日、物置の中を整理する

古い物置があるのですが、サビが酷くて扉が朽ちているので、物置そのものを処分してしまおうと前々から考えていました。

物置の中は長いこと見ていなかったのですが、いつの間にか家の中から消えて無くなっていたサイドボードやテレビ台、扇風機、カーペット、毛布、こたつ、勉強机などがぎゅうぎゅう詰めにされていました。

小さい頃に見たことがあるものがたくさんあって、サイドボードやテレビ台にはキャラクターのシールがペタペタ貼ってあるのを見ると、小さい頃の記憶が記憶が蘇ってきました。

しかし、それらはしまってあるのではなく、そのうち捨てようと思ってとりあえず物置に押し込められたものたちです。捨てようと思っていたものがそのまま忘れ去られていたのです。

一度外にモノを出して、木製のものはゴミステーションに出せるくらいの大きさに分解して、大きい木の板は車の荷台に乗るくらいの大きさにノコギリで切り分けて清掃センターに持ち込んで捨てに行けるようにまとめることにしました。

綺麗に切る意味は無いので、中央を切らずに残して両側をノコギリで切り、あとは板を斜めに立てかけて体重をかけて足で踏みつけて半分に折りました。5枚ほど切ったのでかなり疲れました。

2日かけて物置の中を整理してみたら、残すものは1割にも満たない量で、だいたいダンボールの半分くらいだけでした。

次の日は燃えるゴミの日だったので、ゴミステーションに出せる大きさの木材の束など焼却ゴミだけ外に残して、あとは雨が降って濡れたら面倒なので中に戻しました。

そして、不燃ゴミの日には扇風機や鍋などを処分して、それを繰り返して何回か小分けにしてゴミを出していって物置の中のゴミを減らしていきました。

物置を解体して処分する

物置の中が8割り方片付いた頃、次に取り掛かる予定の物置そのものをよく見てみると、鉄の板をネジとボルトで止めた造りだったので、これなら自分で分解できるのではないか?と思いました。

ただ、ネジの数がかなりあるので一日では終わりそうにありません。電動工具があったら一日あれば解体できそうですが、休日の昼間、明るい時間ではないと危ないので、そう考えると何週間かかかりそうです。

物置の解体については、またあとで終わってからブログに書きます。

振り返れば猫がいた

物置の中の片付けを始めた2日目に、もう一つある小さな物置の方から物音がしました。振り返ると中から猫が出てきて、わたしがいるのとは反対の方向に歩いていきました。どうやら猫が住処にしていたようです。

猫がでてきた小さい方の物置の中を覗くと、そこにも量は少ないながらもまたもや不用品が詰め込まれていました。

この小さい物置は、木材を組んで手作りで作った物置です。壁と扉はベニヤ板ですが、長い年月が経って壁や扉に穴が空いたり、扉が歪んで閉まらなくなったりしていました、。

今片付けている物置が終わったら、こちらの木造の物置の方も解体しようと思っていましたが、春になって暖かくなるまでそっとしておくことにしました。

まとめ

モノを買い換える時には、古いものは処分しないと後々面倒なことになることを学びました。

Amazonアソシエイト・プログラムの審査を受けるために申請して承認されるためにすること

Point

Amazonアソシエイトとは、運営するサイトでAmazonの商品レビューや商品の使い方を説明をするときに、一緒に設置した商品リンクから購買に繋がった場合、紹介報酬として何パーセントかをAmazonからもらうことができるサービスです。

申請して承認に至るまで、そして正しい使い方について書いていきたいと思います。

Amazonアソシエイトの審査基準

Amazonアソシエイト・プログラムのヘルプに、申し込みの審査について書かれている箇所があったので、注目して見てみたいと思います。

https://affiliate.amazon.co.jp/help/node/topic/G8TW5AE9XL2VX9VM

Amazon側が求めている条件
  • 価値のあるオリジナルの情報を提供しているサイト
  • 記事数の目処として約10件の記事を用意すること

オリジナリティーのある記事というのが重要になります。オリジナリティーがない記事というのは、例えばニュースサイトの文章に少し手を加えた程度だったり、Instagramを埋め込んだだけの内容の薄い記事などのことです。このブログではありませんが、前に申請して審査に落ちた時に、何がダメだったのか理由をAmazonに聞いてみたところ、このように返答がきました。

他に審査に通らずに不承認となってしまう原因としては、サイトが開設されてから日が浅い、サイトの作りが未完成、記事数や投稿数が極めて少ない、露骨な性的描写がある、などが挙げられます。

審査に受かりやすくするためにすること

これをすればAmazonアソシエイト・プログラムの審査に受かりやすくなるという、まことしやかに囁かれている噂があります。その噂とは、「申請前にAmazonで商品を購入すること」「Amazonプライム会員であること」などです。

本当なのでしようか?

わたしはAmazonで商品を購入したことがないアカウント且つプライム会員でもない状態でAmazonアソシエイトの審査に通ったことがあるので、そうしなければ受からないというわけではなく、あくまでも受かりやすくなるという噂のようですが、わたしがAmazonのサイトを確認した限りではそのような記述はありませんでした。

わたしは公式の情報しか信用しないので、この噂は信用していません。それに、Amazonアソシエイトの審査はGoogle AdSenseより厳しいと言われていて、わたし自身もそれに関しては同じ意見ですが、Amazonアソシエイトのヘルプに書かれている申し込みに関する注意点を素直に実行すれば承認されることなので、この噂は気にする必要はありません。

承認されたら正しく使おう

日常生活の様子を記事にしたとして、使ってよかったもの、或いはあったら便利だと思ったものをAmazonの商品と絡めることで紹介して、その商品のレビューを書いたり、使い方や使用感を書いたりするという形になります。

記事に関連した商品リンクを載せていき、試行錯誤を繰り返しながら地道に続けていけば自ずと成果に繋がっていきます。

《お題》ブログの成長。成長するためにしたこと&これからしていくこと

Point

今週のお題「〇〇の成長」

ブログの成長について。今までにブログを成長させるために何をして来たのかを振り返りながら、更にブログを成長させるためには何をしたらいいのか考えてみます。

ブログ開設から休眠を経て再開

ブログを開設してから何記事か書いて、そのうち書かなくなって、そこから半年以上経ってからまた書き始めて、現在に至ります。

なぜ半年以上もの間があいてしまったのか当時を振り返ってみましたが、ブログのカスタマイズに勤しみ、試行錯誤して見た目にこだわって編集していた思い出があります。ブログのカスタマイズが終わったら満足してしまって、書かなくなってしまったのではないかと思います。

ふと気づいたら半年以上経っていて、思い出したかのようにブログの執筆を再開した訳ですが、今はとくにカスタマイズするところは無いので、文章を書くことに専念できるので続けることができています。

ブログを成長させるためにしたこと

休眠前にしたことといえば、前述にある通りブログのカスタマイズです。

  • ブログの外観となるテーマを選んで設定
  • サイドバーに表示させる項目を編集
  • メニューを設置(ヘッダー&スマホ画面の下部固定メニュー)
  • 記事上部と下部にSNSのシェア&フォローボタンを設置
  • Google AdSenseの設置

よく頑張ったと自分を褒めてやりたいです。しかし経験から言うと、ブログのカスタマイズは後でした方がいいと思います。ブログを開設したらまずは書くことに集中して、カスタマイズはあとで余裕があるときにゆっくりやっていった方がいいです。最初にガッツリやってしまうと、完成したらそれで達成感に浸ってしまって、燃えつきてしまう恐れがあるからです。

ブログを成長させるためにこれからすること

Google AdSenseのオンライン放送がYouTubeに投稿されていたので聴したのですが、そのビデオ放送の内容によると、「ブロガー同士で仲良く交流するといいよ」というアドバイスがあったので、さっそく実践してみようと思います。

具体的に何をするのかというと、はてなブログには「読者になる」はてなスターという機能があります。他のはてなユーザーと関係を構築する一つのきっかけに役立てるのではないかと思います。

何となく気になった人や「へー」と感心する記事を書いてる人、趣味が同じ人、自分と共通点がある人などのブログの読者になっていこうと思います。今までは他の人のブログを読んでも「読者になる」は活用していませんでした。

はてなスター」は、"読んだよー"とか"ためになったよー"とか純粋にコミュニケーションをとる目的で使うならば便利な機能なのですが、中には自身のブログを宣伝するために手当たりしだいスターを投げまくる人もいるそうです。使い方によっては嫌悪されることもある機能なので、多用しないように大事に使おうと思います。

また、スターには「引用スター」という使い方もあることを知りました。文章をコピーする時みたいにドラッグしたときに出現する星マークのことです。とくにためになった箇所を指定してスターを付けることができます。

あとは、ブックマークとSNSのシェアボタンがありますが、こちらも今までは使ったことがなかったので、有効利用していきたいと思います。

日本におけるブラックフライデー。11月の第4金曜日に実施される大規模な安売りセール

Point

Amazon楽天市場で実施されていますが、もともとはアメリカで始まった商戦で、1年で最も売上が見込める日、黒字を想起させることから「ブラックフライデー」と呼ばれています。

では、なぜアメリカでブラックフライデーというイベント商戦が始まったのでしょうか。気になったので調べてみたいと思います。

感謝祭とブラックフライデー

ブラックフライデー」について説明する前に、先に「感謝祭」について説明したいと思います。

感謝祭

感謝祭とは、アメリカとカナダの祝祭日のひとつです。アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日が感謝祭の日にあたります。

アメリカの感謝祭は、秋の収穫を祝う行事としてはじまりました。自然の恵みという考え方ではなくて、神の恵みに感謝するという感じのようです。というのも、感謝祭が始まった1600年代の頃は、教会で礼拝を行って神に感謝を捧げることを主としていたようです。

現在では家族や親戚、友人などたくさん人が集まる食事会が主になっていて、重要な家族行事のひとつとなっているということです。

カナダへはアメリカから持ち込まれた習慣として広まっていきました。

ブラックフライデー

ブラックフライデーとは、感謝祭の次の日のことで、11月の第4金曜日のことを指します。感謝祭は祝日で休みですが、ブラックフライデーは正式な休暇日とは指定されていませんが多くの企業で休暇になることが多い日です。せっかくだから木曜日から連休にして木、金、土、日と、ゆっくり過ごそうじゃないか、ということのようです。

ブラックフライデーは、1960年頃にアメリカで始まった比較的、新しい習慣です。この日は、1年で最も大規模なセールとなる「クリスマスセール(ホリデーシーズン)」の初日にあたる日でもあるので、多くの小売店が年末商戦の幕開けを告げるイベントとしてしかけます。

お店はたくさんの買い物客で賑わいを見せて、経営が黒字になることが由来になっています。

日本でのブラックフライデー

日本では祝日の感謝祭は置いてきぼりで、商業的なブラックフライデーだけが持ち込まれました。

2016年頃にイオングループや家電量販店で本格的に大規模なイベントとして実施されて、現在ではAmazon楽天市場でも行われています。日本でもたくさんの小売店で実施されるようになったらいいのになと思います。

サイバーマンデー

アメリカでは感謝祭の次の月曜日にオンラインショップなどにおけるホリデーシーズンのセール開始日であると考えられていたようですが、2015年前後頃から前倒しをして感謝祭の日からセールを開始する傾向にあるということです。

「休暇中は実際の店舗に足を運んで商品を見て選び、休暇明けはオンライン通販を自宅や職場でする」という境界線が今では曖昧になっていますが、それでもサイバーマンデーは重要視されているので、これからも続きそうです。

Amazonの本場はアメリカですが、Amazonは日本でも大々的にサイバーマンデーセールを開催しているので要チェックしておきましょう。

ホリデーシーズンにおけるGoogle AdSenseのコツ

Point

Googleから「Google AdSenseオンライン放送」の案内が来ていたので、観てみました。内容は、ホリデーシーズンに向けての対策。放送はYouTubeで行われて、この時間になったら放送するので、そうしたらリンクから進んでください。というメールが来たのだけれど、メールが届いたのは放送時間が過ぎてからだった…

【追記】

次の日、動画公開を知らせるメールが遅れてごめんね、というメールが律儀にも届きました。

季節のイベントについて書くべし

放送では、カレンダー上で事前に予測できる季節性のイベントを、3つのタイプに分類して解説していました。

  • 文化(クリスマス、お正月、ラマダンなど)
  • 商業ブラックフライデー、母の日など)
  • 定期的に開催されるイベント(オリンピック、選挙など)

日本でメジャーな季節のイベントを一覧にまとめてみました。

  • お正月[1月1日~1月5日]
  • バレンタインデー[2月14日]
  • 卒業式[3月15日~3月末頃]
  • 入学式[4月上旬]
  • お花見[4月]
  • ゴールデンウィーク[5月3日から5月5日+α]
  • 母の日[5月の第2日曜日]
  • 父の日[6月第3日曜日]
  • 七夕[7月7日]
  • 夏祭り、花火大会[8月]
  • 運動会
  • お月見[9月30日あたりの満月の日]
  • 紅葉(もみじ狩り)[10月から11月にかけて]
  • ハロウィン[10月31日]
  • 七五三[11月15日の前後の土日祝日]
  • クリスマスイブ、クリスマス[12月24日、25日]
  • 晦日・年越し[12月31日]

各月の中で代表的な季節のイベントを掻い摘んで並べてみましたが、それでもこれだけの数があります。これを参考にして1ページにつき1行事を書いてみようと思います。

ブログで収益をあげるコツ

ブログを収益に繋げるためにやった方が良いこととして、次のことが解説されていました。

ページスピードを改善しよう

ページの読み込みが遅くてなかなかページが表示されないと、オーディエンスはしびれを切らしてページを閉じて他のページや他のサイトに移動してしまいます。自分が読み手だとしたら、やはり同じようにそうしてしまうと思います。

原因の一つとなるのが、動画と画像の量です。数が多くなるほどページロード時間に影響します。同じサイズの画像でも、解像度を下げるとデータ量を削減することができます。また、画像サイズそのものを小さくすることてもデータ量を削減することができます。

ページ速度は、Googleが提供しているサービス「PageSpeed Insights」で測定することができます。

ページ表示速度を上げるには、AMPがいいそうです。稲妻のマークがAMPの印です。WordPressとAMPの組み合わせがおすすめされていました。

他のブロガーと仲良くしよう

とくに先輩ブロガーのブログは参考になることばかりです。いろいろな人の、そして色々なジャンルのブログを読んで取り入れたり、逆に失敗例について書かれた記事も参考になります。失敗から学ぶことは大きいと思います。

ブロガーさんと交流するには、TwitterInstagramを利用するのが良さそうです。

キーワードを意識する

季節のイベントにまつわるキーワードを記事内に散りばめると、検索に有利になります。いわゆるSEO対策というやつです。

バレンタインデーを例にすると、「チョコレート」「売ってるお店」といった効果的なワードを選定して記事に入れよう!ということです。

《お題》住みたい街、住みたかった街「埼京線沿いの東京寄りの埼玉」

住んだことがないけど、住んでみたい街

「住みたい街、住みたかった街」がテーマということなので、「住んだことがない街」ということになるわけですが、外から眺めているのと、実際にそこに住んでみたのとでは、また感じ方が変わってくると思います。

また、「住めば都」ということもあるので、住み始めたときは戸惑いがあったり、不便に感じることがあっても、次第に慣れてくれば、それほど気にならなくなることもあるかもしれません。

そんなことを思いながら、「住んだことがないけど住みたい街」を路線図と薄らとした記憶を頼りに思い浮かべてみると、埼京線の池袋より北辺りに住んでみたいなと思いました。

池袋を含めて、それより南の新宿、渋谷とかは、遊びに行くには色々あっていいけど、住むとなると話は別になります。一見近くに何でもあって便利かと思いきや、経験上、近すぎて逆に行かないことになるからです。

個人的には、都心よりちょっと離れた「都内近郊の静かなベッドタウン」が理想です。先に記した通り、住んでみると違った面が見えて感じが変わることがあるかもしれませんが、あくまでもこれは、印象だったり都心との距離だったりなので、1年を通して四季を感じて過ごしてはいないので、住みやすいかどうかはわかりません。こうなんじゃないか、ああなんじゃないかと思いを馳せた理想です。

確か、戸田公園は大きな池があったような記憶があります。晴れた日にのんびりするにはいいのではないかと思います。戸田公園駅から見たことがあるだけで、公園に入ったことがないので実際のところは分かりませんが、たぶん心地よい場所のような気がします。

埼京線なら池袋、新宿、渋谷などへ一本で行けるので、友達と遊ぶときにも便利そうです。また、乗り換えるときも路線が多いので、山手線や地下鉄などにもスムーズに乗り換えることができて便利です。

住みたくない街

逆に、住みたくない街についても書いてみたいと思います。

ズバリ「都心」です。先程出てきた池袋、新宿、渋谷などは、まさに住みたくない街です。住んだことがある経験からそう思ったのですが、もちろん、合う人には合うと思いますが、私には合いませんでした。

雑多な風景や無機質な人間関係が窮屈に感じました。学生の一人暮らしとか期間限定ならそれもいいかもしれませんが、長期間住み続けるとなると、私の中では選択肢からは除外されました。

住みたい街の立地条件

今度は、周りの環境について思考してみたいと思いたす。

昨今の災害を鑑みて、川や海などの水辺と、低い土地という立地は避けたいですね。あとは、住居が崖に面していたり、石油や薬品を扱う工場の近くも避けたいところです。

近くにあった方がいいのは、徒歩9分以内の駅ですね。10分を超えるとちょっと時間が勿体ないです。あとは、低価格でそこそこ野菜の品質が良いスーパーマーケット。食事は毎日のことなので、近くにないと困ります。欲を言えば、ドラッグストアも近くに欲しいですね。

まとめ

都内に住んだことがある経験から都内近郊がいいなと思ったわけですが、私とは逆に、都内近郊に住んだことがあって都内に住んだことがない人の中には、当然、私とは異なる考えの人もたくさんいると思います。人それぞれと言ってしまえばそれまでですが、他の人が書いた同じテーマのブログ記事を読んで回ると、なんでその街かいいと思ったのか、その人がそう感じた理由が知れてとても興味深いテーマでした。

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー