カテゴリーBlog

Category

カテゴリー #生活 #インターネット#エンタメ #ゲーム #アニメ

GODIVA「義理チョコといえばブラックサンダーさん」度量の大きさをみせるブラックサンダーさん

ポイント

Happy Valentine's Day!2月14日のバレンタインについて、GODIVAが突然ブラックサンダーに声を掛けました。

2018年のGODIVA

2018年に産経新聞に掲載されたGODIVAのバレンタイン広告

2018年2月1日の産経新聞の一面に掲載されたGODIVAのバレンタインデーの広告「日本は、義理チョコをやめよう」について、賛否両論の声が上がりました。このキャッチコピーの後に、以下の文章が書かれています。

「バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。なぜなら、義理チョコを誰にあげるか考えたり、準備をしたりするのが余りにもタイヘンだから、というのです」

Twitterやニュース記事のコメント欄の反応を見ると、賛否は半々くらいで、賛同する女性のコメントでは「廃止に賛成」「わかる」「良く言った」というものが割と多く見られました。

お返しは3倍返しなどという謎の考えのもと義理チョコをばら撒く女性もいるようですが、多くの女性は義理チョコ廃止に賛成のようです。学生時代の甘酸っぱい思い出として、学生の義理チョコはいいと思いますが、社会人になってからの義理チョコについては、私も廃止に賛成です。

義理チョコ云々についてはGODIVAの言うことはわかりますが、GODIVAの好感度としては、モヤっとしたものが残ります。それに引き替え、庶民的なブラックサンダーは懐が広くて好感が持てます。

2019年のGODIVA

「義理チョコといえばブラックサンダーさん…」と、突然GODIVAの公式Twitterから声をかけられたブラックサンダーですが、狼狽えつつも「贈りたい時に贈りたいものを贈りたいだけ。きっかけがうまく掴めない方は、バレンタインがおすすめ」というリツイートはなかなかうまい返しだと思いました。

本命は本命でも、告白の手前の気になる片思いの相手にきっかけとしてバレンタインを勧めるブラックサンダーには、世の乙女達を応援する温かさが感じられ、度量の大きさも伺えます。

本命にも義理にも自分用にもちょっとしたお礼にも誕生日用にも応え、あらゆる需要を満たすブラックサンダーは、まさにBFFです。

有名チョコレート

フランス
  • ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT
  • ドゥバイヨル(DEBAILLEUL)
  • ダロワイヨ(Dalloyau)
  • ジャンポールエヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN)
  • ラデュレ(Ladurée)
  • レ・マルキ・ド・ラデュレ(Les Marquis de Ladurée)
  • パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(Sadaharu AOKI)
  • アンリ・ルルー(HENRI LE ROUX)
  • フーシェ オリンポス(FOUCHER OLYMPUS
  • ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)
  • パトリックロジェ(Patrick Roger)
  • ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR)
  • マルキーズ・ドゥ・セヴィニエ(Marquise de Sévigné)
  • ジャックジュナン(Jacques Genin)
  • アン・ディマンシュ・ア・パリ(Un Dimanche a Paris)
  • ル ショコラ アラン デュカス マニュファクチュール ア パリ(Le Chocolat Alain Ducasse Manufacture a Paris)
  • ジャン=シャルル・ロシュー(Jean-Charles Rochoux)
  • ボワシェ(BORSSIER)
  • シャポン(CHAPON)
  • イルサンジェー(HIRSINGER)
  • ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)
ベルギー
  • ダルシー(Darcis)
  • ドゥバイヨル(DEBAILLEUL)
  • ピエールルドン(Pierre Ledent)
  • ガレー(Galler
  • レオニダス(Leonidas)
  • デルレイ(DelRey)
  • ヴィタメール(WITTAMER)
  • ゴディバGodiva
  • ピエールマルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)
イタリア
スイス
  • カルメロ(KARMELLO)
スペイン
  • サンパカ(CACAP SANPAKA)
日本
北海道
兵庫
京都
  • 伊藤久右衛門
大阪
  • エクチュア(Ek Chuah)